相続税

松本市,松本,長野,弁護士,弁護士事務所,相続,遺言,遺言書,相続税,贈与税,資産税,遺産相続,遺産分割,相続対策,相続税対策,相続相談,相続税相談,事業承継,経営承継,成年後見,相続人調査,相続財産調査,法律,相続問題,遺産トラブル,労働問題,不当解雇,残業代請求,裁判手続,財産分与,法律相談,法テラス,損害賠償請求,長野県,松本市,松本,長野,弁護士,弁護士事務所,相続,遺言,遺言書,相続税,贈与税,資産税,遺産相続,遺産分割,相続対策,相続税対策,相続相談,相続税相談,事業承継,経営承継,成年後見,相続人調査,相続財産調査,法律,相続問題,遺産トラブル,労働問題,不当解雇,残業代請求,裁判手続,財産分与,法律相談,法テラス,損害賠償請求,松本市,松本
相続税とは


相続税は、相続や遺贈等によって取得した財産が一定金額を越えた場合にかかる税金で、統計的には相続が発生した方100人のうち4~5人程度の割合で発生しています。

そこで、「自分は大丈夫だろうか?」と心配な方のために、相続税の大まかな仕組みを説明させていただきます。


相続税は何に対してかかるのか?

課税価格の算出



相続税がかかる場合、かからない場合

相続税がかかる
課税価格の合計>基礎控除額
 
相続税がかからない
課税価格の合計額≦基礎控除額
 
相続税の基礎控除額=3,000万円+法定相続人の数×600万円

申告期限と提出先

相続開始から10ケ月以内に被相続人の死亡時の住所地を管轄する税務署に申告書を提出



相続税の計算方法

Share by: